My Life in Boston/Cambridge

2005年5月から開始した米国ボストンでの生活を記録していきます

12/21/2005

これが一般の民家?

クリスマスイルミネーションで有名だという,ボストン近郊の住宅地Saugusに行ってきた.
最近は日本でも新興住宅地などでその一帯の家が熱心にイルミネーションで飾りつけをしているエリアというのがあるようだが,さすが本場アメリカ,気合の入れようが半端じゃない.

見物してきたSaugusのスポットは5ブロック四方(1km四方ぐらい?)の住宅エリアの多くでそれなり以上の飾り付けをしていた.見物客も大勢で周辺道路はやや渋滞気味.

最近安易にコンパクトデジカメしか持ち歩いていませんでしたが今回は一眼デジを持参.
50mm F1.8短焦点レンズとISO1600の力を借りて手持ち撮影してきました.
目の保養にどうぞ.









Boston Popsのコンサートに家族で

ホリデーシーズンはBSO(Boston Symphony Orchestra)の冬公演に変わってBoston Popsがホリデーコンサートを行っており,クリスマスムードを盛り上げている.
その中の数回の公演はKids Matineeというイベントになっており,子供をメインとした演目(子供向けのクリスマスコンサート)が年齢制限なしに楽しめる.

2歳の娘がいる我が家にとっては家族全員でオーケストラを聴きに行くことのできるありがたい企画といことで行ってきた.

ちなみにうちの娘はオーケストラのコンサートのことを「じゃじゃーん」という.
「今日はどこいくの?」→「じゃじゃーんいくの!」



開演前のシンフォニーホール.今回取った2階バルコニー席からの眺め.
Boston Popsの公演では,1Fのフロアに通常ある座席は取り払われ,テーブルと椅子が配置される.1Fでは公演の最中でもウェイターがうろちょろしていて,お客さんは飲み物や食べ物を注文し,飲食しながら楽しむことができる.



Boston Popsの指揮者キース・ロックハート.相変わらずの(ノリの軽い)色男ぶり.
クリスマスカラーのシャツで登場.


娘はおめかししてコンサートデビュー.
騒ぎ出さないかと心配していたけど,(めずらしく)予想以上のお行儀のよさだった.
しかしコンサートの後半ではすやすやとおねんね.



コンサート終了後,サンタさんとツーショット写真.
かなり顔は引きつり気味だが,泣かなかったので頑張ったかな?

コンサートはクリスマスソングを中心に詩,絵本の朗読やサンタの登場など.うちの娘も眠るまでは満喫していた模様.ちょっと心配だったけど連れて行ってよかった.

クッキー作り


ママのお手伝いでクッキーの型抜き.


案の定,焼けたはしから猛烈に食べてました...
親にも分けてくれない...

12/13/2005

気温22度

今現在(PM2:00)の気温.22°F --> -6℃.
これが北国の冬(まだ序の口)なのですか...

川の表面も順調に凍りだしている.

冬本番

12月になって急に冬本番モード.
先週末にはブリザードを初体験.猛烈な吹雪だけでなく雷が鳴りまくるという荒れよう.雷雨の雪版といったイメージ.

半日ほど荒れた後は積雪40cm程度.
次の日には娘を連れて近くの公園に遊びにいった.娘は雪遊びデビュー.


坂のあるエリアに人が集まってそり遊び中.


雪いじりは楽しいらしい.砂遊びの感覚.


雪だるまを作ったのはいったい何年ぶりだろう.


斜面をそりで滑るのは娘に拒否された.そりから脱落させて何度か雪まみにしちゃったからな...
平地を引き回すのはそれなりにご機嫌.