My Life in Boston/Cambridge

2005年5月から開始した米国ボストンでの生活を記録していきます

5/09/2005

SSN申請

SSN(Social Security Number)は本来は社会保障番号兼納税者番号のようなものですが,これがあるとないではアメリカでの生活上の立場が大きく違ってくるもの.戸籍制度のないアメリカで事実上の戸籍とまでいわれるぐらい.

例えばSSNがないと車の免許は取れないし,携帯電話を買う際に高額の保証金を要求される(ので私はプリペイドにした).しまいにはスーパーの会員カードをつくる際にも要求されたりする場合もある.

私のビザの種類(J−1)は幸いにもSSNの取得が可能(Jビザは交流研究者ビザで,例えば客員教授だと訪問先大学から給与が出て納税義務が発生する可能 性があるから)なので,書類を揃えてDavisにあるSocial Security Officeに出向く.ここは大学からお薦めされたオフィス.アメリカのお役人系は人によって言うこと/対応が違うことがよくあるので,良いオフィス/担 当者を把握することはとても重要.

オフィスに入ってみるとそこはまるでハローワークのような混沌とした混雑ぶり.
番号札を取ってまつこと1時間.ようやく呼ばれるが申請書類を渡すだけ.
そこから更に20分程まってようやく再度呼び出され申請内容確認.お勧めオフィスだけあってJ−1のSSN申請に慣れているようであっさりと受領してもらえた.待ち時間だけがネック.
これで2週間ほどするとSSNのカードが届く.

前任者から車を譲ってもらうのだが,自動車名義の変更(納税するので)にもSSN が必要なので,カードが早く届くことを願うばかり.

0 Comments:

Post a Comment

<< Home