My Life in Boston/Cambridge

2005年5月から開始した米国ボストンでの生活を記録していきます

5/28/2005

近所で買い物

昨日到着した妻と娘は時差ボケと悲惨な移動の疲れで昼過ぎまで睡眠.
娘は体が日本時間のままの周期で寝ている模様.

午後から近所の買い物スポットに出かける.
スーパーやドラッグストアなどで買い出し.食事も本格的に自炊となるので肉,魚,野菜なども買う,デビット/クレジットカードでの支払い方法などを伝授.

食材関係は単語を把握するのが難しい,たとえば魚などは見た目で分かるものもあるが食品の添加物関係などは単語が難しく結構大変.娘に食べさせる物についてはチェックをしておきたいので覚えなくては.

渡米する前は米国の品揃えは非常にラフだという先入観があったが,実際は非常に商品の種類,数が多く選択肢は広い.どこかで「アメリカの品揃えはピンから キリまで幅広く,選択肢が多い.日本はピンの領域は充実しているがキリの部分が少ない」という表現を目にしたが,あながち間違ってはいないように感じる.

消費者の選択次第でブクブクに太ることも,有機・無添加系を貫き通すこともできる.全ては選ぶ側に委ねられている.

0 Comments:

Post a Comment

<< Home