My Life in Boston/Cambridge

2005年5月から開始した米国ボストンでの生活を記録していきます

5/12/2005

苦戦しながらも開通ラッシュ

今日はケーブルテレビ,ケーブルインターネット,電話の開通工事日が重なった.
午前中にケーブル会社の工事が入る.実際には部屋の外の端子板レベルで開通作業は完了したようだが,接続確認ということで入室してらう.私は日本人らしく室内では靴を脱いでスリッパで暮らしているが,私が何も言わなかったので彼らは当然土足のまま歩き回る.

このアパートが提携しているケーブルインターネットサービスはそれはもう非常に評判が悪い.ネットの不動産物件評価サイトでもくそみそに叩かれている.
今回の確認でもやはり一発OKとはいかず,室内の端子板を30分程いじくり回し部品を交換してようやく接続が確認できた.
テレビについてはまだ買ってないので確認できず.まあこちらは大丈夫だと信じたい.
ちなみにアパート入り口に設置してあるモニタ画像を(来客確認用として)テレビの一チャネルとして見ることができる.

電話については先週verizonに電話して開通申し込みをしていた.NTT 電話同様,既に配線が存在する場合は局側の工事だけで完了というパターンで,申込時に開通予定日が通告されていた.
期待半分,不安半分で電話機をつないだが,うんともすんとも言わない.
昨日までその番号にかけると「現在使われておりません」と音声が流れていたが,今日は呼び出し音がなっているので工事自体は実施されているようなのだが…

夜帰宅してからも確認してみるがやはりダメ.また電話しないといけないと思うとちと憂鬱(電話で英語をやりとりするのはかなり難易度が高いので…).
などと考えていたときに,ふと壁のソケットの「FAX」と書かれている端子の方に繋いでみた(それまでは当然「PHONE」の方に繋いでいた).すると開通しているではないか.
アパート内のどこかで配線が入れ違っているということか.またしてもアメリカ品質にやられてしまったが,開通したのでなによりである.

0 Comments:

Post a Comment

<< Home