My Life in Boston/Cambridge

2005年5月から開始した米国ボストンでの生活を記録していきます

5/27/2005

一ヶ月ぶりの娘

一ヶ月ぶりに再会した娘.1歳の子供にとっての一ヶ月は変化を感じるには十分な期間だった.
言葉も増えてるし,動作も活発になっている.
忘れられてるかと思ったけど,早々にパパ,パパと甘えてくれたのは嬉しかった.

疲れているだろうに,アパートに到着するなり全ての部屋,全ての物の物色を開始.触れる物は全て出す,開ける,乗る,落とす,などと猛威を振るう.
活発になった分だけ危険も多くなり,ますます目を離せないという感じ.目を離しているとだいたい大きな物音がして泣き声が聞こえてくるか,本人は無事でも周囲が致命的な状況になっていることが多い.

子供のいる生活が「戦場」だということを再会数時間後には痛感しました.
ネイティブとディスカッションするより疲れます…

0 Comments:

Post a Comment

<< Home