My Life in Boston/Cambridge

2005年5月から開始した米国ボストンでの生活を記録していきます

4/06/2005

胃カメラ初体験

2週間ほど前に,赴任前に会社の規定で人間ドックを受診した.
そのときのバリウム検査で怪しい所見があったということで,胃カメラでの再検査となった.

人によっては「バリウム飲むより胃カメラのほうが楽」という人もいるが,胃カメラは挿入時が苦しくて悲惨という体験談も多く正直びびっていた.
で当日.まあ結局身をゆだねるしかないので,ひたすら力を抜けというアドバイスだけ肝に銘じながら胃カメラを受け入れた.結局私は「喉の反射がそれほど強くないタイプ」だったということで,「うえー」とはならずにカメラは順調に入っていった.喉は擦れて痛かったが...
その後は恐怖感はあるものの,自分の消化器官の生中継を軽妙な解説付きで楽しむことができた.

「楽しめた」のは結局は異常なしだったからなんですけどね.ほっとしました.

0 Comments:

Post a Comment

<< Home